転職のきっかけは何ですか?職探しにまつわるエピソード

このエントリーをはてなブックマークに追加
1972年、勤労婦人福祉法として出発し、2007年、男女雇用機会均等法が改正され、女性が働きやすくなりました。
女性が、男性並み、もしくは、それ以上の仕事をし、能力重視の世の中に変わり、能力ある女性の進出が認められた結果かもしれません。
女性の結婚への意欲が無くなり、おひとりさまという言葉が流行るほど。
女性一人で、居酒屋、焼肉屋さんにも出かけ、一人で食べられる環境がある事は、年配の方から見れば、嘆かわしいと心配になる意見もありますが、社会に出る女性の柔軟さの表れでもあると思います。
パソコン、携帯電話の普及により、以前は、女性の苦手分野だった電気関係に詳しくなった事は、量販店、ホームセンターの売上に貢献しており、不景気に歯止めの役目を果たしてると思いませんか。
女性の社会進出に伴い、資格保持者が増加し、資格取得の通信教育は大人気です。
女性も、長い人生を一人で暮らしていく可能性を考え、より高い年収の会社へと、転職も視野に入れ、資格取得の準備に動く人も少なくないでしょう。
女性一人が暮らしていける老後資金に向けて、貯金、分譲マンションなどの資産作りは、早めに進めてなくてはいけませんものね。
男性、女性共に、結婚願望が減り、あるアンケートで、30代男性の結婚する確立は、数パーセントにも満たないとの結果でした。
家族を養うだけの年収が確保できないのでしょうか。
それとも、結婚に魅力を感じないのでしょうか。
正社員が減らし、契約社員への切り替えをする企業も増えており、将来への不安が募り、結婚に踏み切れない男性もいらっしゃると思います。
男性は女性より、転職を考える機会が少ないとアンケート結果にも出ておりました。
新聞記事などで、終身雇用の時代は終わったと取上げられておりますが、職に対して柔軟に物を考え、意欲的なのは、女性の方が得意なのかもしれませんね。
今後も、女性特有の柔軟さを生かし、意志の強さも持ちつつ、社会で活躍して欲しいと思います。

アパレルアルバイト。希望条件で簡単検索。ピッタリの仕事が見つかります。